立教大学・現代心理学部

身体・行動研究室(温研究室)


実験参加者募集

超適応

ムーンショット

立教大学現代心理学部

What's new


31-Jan., 2024 New preprint entitlted "The sense of agency from active causal inference" is out! https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2024.01.29.577723v1

12-Dec., 2023 展望論文「運動主体感は人間にとって何を意味するのか?」は「基礎心理学研究」第42巻1号 特集号「身体・運動・行為の基礎心理学」に掲載されました。

24-Nov., 2023 New preprint entitled "Control over self and others’ face: Exploitation and exploration" is out! https://osf.io/preprints/psyarxiv/wpzf7/

11-Oct., 2023 New paper co-authored with Dr. Nobusako (Kio Univeristy) entitled "Action-outcome regularity perceptual sensitivity in children with developmental coordination disorder" has been published in Journal of Autism and Developmental Disorders.

15-Sep., 2023 Our new paper on metacognition entitled "Metacognition and sense of agency" has been published in Cognition.

10-Jul., 2023 New paper entitled "Characteristics of EEG power spectra involved in the proficiency of motor learning" coauthored with Dr. Hamada Hiroyuki has been published by Frontiers in Neuroscience.

17-Aug., 2023 New preprint regarding control detection in patients with schizophrenia out. 

01-Apr., 2023  立教大学現代心理学部心理学科に准教授として着任し、新しい研究室を開設することになりました。https://cp.rikkyo.ac.jp/

06-Feb., 2023  畿央大学の森岡先生の研究室と共著の論文「Adaptability of the sense of agency in healthy young adults in sensorimotor tasks for a short term」はBehavioral Sciences誌に掲載されました。

21-Oct., 2022   畿央大学の信迫悟志准教授と共著の論文「Developmental changes in action-outcome regularity perceptual sensitivity and its relationship to hand motor function in 5–16-year-old children」はScientific Reportsに掲載されましたdot paradigm (control detection task)を使って発達における主体感の個人差を調べた研究です。従来の主体感の研究では主観判断の基準の個人差や意思決定能力の影響を取り除くことが困難でしたが、control detection taskを用いると知覚のフレームワークで主体感を調べることが可能になります。

13-Apr., 2022 日本心理学会国際賞奨励賞を受賞しました!今度の日本心理学会第86回大会(9/8-9/11)で講演することになりました.

25-Feb., 2022 東京大学人文社会系研究科心理学研究室の今水寛教授と共著の展望論文「The sense of agency in perception, behaviour and human–machine interactions」がNature Reviews Psychologyに掲載されました

11-Jan., 2022 学生の尾近祐太くんと一緒に行った研究の内容をまとめた論文「The over-estimation of distance for self-voice versus other-voice」がScientific Reportsに掲載されました

15-Oct., 2021 心理学研究室今水研の学生の石井輝くんと一緒に行った研究の内容をまとめた論文「Perception and control: Individual difference in the sense of agency is associated with learnability in sensorimotor adaptation」がScientific Reportsに掲載されました

01-Aug., 2021 2021年8月1日より所属が精密工学専攻から人工物工学研究センターになりました.

20-Mar., 2021 学生の尹碩珉くんと一緒に行った研究の内容をまとめた研究論文 "Deceleration assistance mitigated the trade-off between sense of agency and driving performance" がFrontiers in Psychology誌にアクセプトされました.

2021年2月28日 博士課程の学生青柳恵さんの最新の論文“Modified sensory feedback enhances the sense of agency during continuous body movements in virtual reality”がScientific Reportsに掲載されました.

2020年9月11日 心理学研究室今水研の学生の島崎直人くんと一緒に行った研究の内容をまとめた研究論文"Categorical perception of control"がeNeuro誌に掲載されました

2020年4月21日 理学研究室今水研の学生の柴田浩史くんと一緒に行った研究の内容をまとめた研究論文"The active sensing of control difference"がiScience誌に掲載されました.

2019年12月3日 新しいレビュー論文「The Sense of Agency in Driving Automation」がFrontiers in Psychologyに掲載されました.

2019年11月17日 新しい研究論文「Prediction error and regularity detection underlie two dissociable mechanisms for computing the sense of agency」がCognitionに掲載されました.

2019年6月4日 新しいレビュー論文がConsciousness and Cognitionに掲載されました.

2018年8月8日 学生の蓑原凛くんと一緒に行った準備電位に関する研究をまとめた論文がScientific Reportsに掲載されました.

2018年8月1日 8月1日付で東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻特任准教授として着任しました.引き続きどうぞよろしくお願い致します.

2018年4月9日 UCLで行ったSSVEPの研究をまとめた論文"Enhanced perceptual processing of self-generated motion: Evidence from steady-state visual evoked potentials" (co-authors: Dr. Patrick Haggard, Ms. Elisa Brann, and Dr. Steven Di Costa) がNeuroImage誌に受理されました.

2018年4月5日 慶応義塾大学で川畑秀明先生と共同で行った研究をまとめた論文「Impact of Navon-induced global and local processing biases on the acquisition of spatial knowledge」がSAGE Open誌に掲載されました.

2018年1月12日 論文"Control changes the way we look at the world"がJournal of Cognitive Neuroscience誌に掲載されました.

2017年7月27日 新しい論文「Measurement of the perception of control during continuous movement using electroencephalography」がFrontiers in Human Neuroscience誌に掲載されました

2017年6月23日 論文"The influence of performance on action-Effect integration in sense of agency"がConsciousness and Cognition誌に掲載されました.

2017年5月19日 "Continuous Estimation of Stress Using Physiological Signals during a Car Race"と題した生理信号によるストレス推定の論文が掲載されました.

2017年4月1日 日本学術振興会特別研究員として採用されました.引き続き東京大学とUCLで研究します.

2017年1月27日 M2簑原君(淺間研)がMHS2016での発表によりMHS2016 Best Poster Awardを受賞しました.

2016年9月1日 UCLに移籍し,Haggard教授のグループで新しい研究を始めました.

2016年8月3日 Frontiers in Psychologyに論文"Strength of Intentional Effort Enhances the Sense of Agency"が掲載されました.

2016年6月14日 Frontiers in Human Neuroscienceに論文"Goal-Directed Movement Enhances Body Representation Updating"が掲載されました.

2016年5月8日 The 1st international symposium on embodied-brain system science (EmboSS2016)でポスターを発表しました.